carnaval
HOME > Carnaval > informação > 百聞は一見にしかず

informação

百聞は一見にしかず

百聞は一見に如かず。
これまで述べたことも、実際にカーニバルを見ると一気に吹っ飛びます。それは言葉では言い尽くすことのできない衝撃とパワーです。やはり、実際に見に行くことをお勧めします。損はありません。確かに保証します。
24時間飛行機に乗ることになろうが、一度乗ってしまえばあとは降りるしかないのですから。

最後に、カーニバルを最大限に楽しむためには、
1.その年のエンヘード(曲)を覚える
2.各エスコーラ(全てでなくてもいいと思います。気に入ったところをいくつかでも。)についてある程度知識を持っておく。
3.パレードの基本構成について知っておく。
といったことが挙げられると思います。

他にポルトガル語を覚えていったり、実際にパレードに参加する(意外にも、アーラで参加することは比較的容易です。但し、何回か練習“エンサイオ”に行く必要はありますが。これは現地で新聞を見れば、すぐに分かります。)ことができればさらに楽しさ倍増!ですが、できなくても充分です。
実際に僕はポル語はほとんど喋れなかったし、観客席から見るだけでした。それでも人生が変わるほど衝撃を受けました。また何度でも行きたいと思っています。(ホントに行きたい・・・)