Brasil
HOME > Brasil > informação > ブラジルという国

informação

ブラジルという国

「ブラジル」
独特の魅力と甘美さを含んだ響きを持つこの国は、サッカー、コーヒー、アマゾン、サンバ・ボサノヴァ・・・。大体の人がそんなイメージしか持っていないのではないかと思いますが、今世界中から様々なジャンルで大きな注目を集めています。

デザイン、エコ、映画、農業・産業・鉱業、そしてもちろんカーニバル。
常に現在進行形で突き進むブラジルは人口1億8000万人、世界で5位です。国土も広大で、豊富な資源や持ち前の創造性で現在はBRICs(Brazil、Russia、India、China)という言葉に代表されるように、経済面でも世界からの注目を集めています。

ブラジルの通貨はレアル(R$)。アメリカドルでいう「セント」はセンターボになります。言語はポルトガル語、南米で唯一です。(他はみんなスペイン語)これは大航海時代にポルトガルとスペインが、勝手に南米に縦の線を引いて、「ここから西はスペイン、ここから東はポルトガル」と決めたからだと中学で習った気がします。
何せ広大な国なので、南の方は冬は普通に寒くなりますが北のアマゾンは1年中暑い熱帯です。ちなみに南半球なので日本とは夏と冬が逆です。夏にしか行ったことがありませんが、アマゾンの湿った空気が作るのか独特の形をした雲と、強烈すぎる陽射しが出迎えてくれます。この空の下で飲むビールが本当にうまいんですよねー。

ブラジルの魅力って?
ブラジルの魅力は何だろうと考えたとき、確かに最初はサンバやカーニバルが見たくて行ったのですが、実際に行ってみると本当にそれだけではないことを実感しました。
他の国では味わうことのなかった街全体が持つ独特の雰囲気、食べ物・飲み物がおいしいうえに安く、そして何よりブラジル人たちのキャラクターがすごくいい。
まだ少しの都市しか行っていませんが、ぜひ他の土地も回って、まだ見ぬブラジルの姿をこの目で確かめたいです。

一度行ってしまうと人生が変わるブラジル、時間とお金があれば行かない手はありません。
インドも人生が変わるってよく言うけど、ブラジルほどポジティブには変わらないんじゃないかって思います。